Sponsored Link

入院11,12日目=術後10,11日目
の様子です。

点滴はおなじみのビーフリードと
ソルデム3Aがメインです。

点滴スタンドを持ち歩くのも
こなれたものです(笑)。

まだ重湯が3食出ていました。

11日目の朝に採血をして、
12日目の日中にレントゲンを受けて
OKが出たらおかゆになります。


尿は普通に出るようになり、
便は下痢だけど出ています。

イレウスから回復しつつ
あるようです。



入院生活にも慣れてきて、
点滴スタンド片手に、
病棟内をうろうろしてみたり、
デイルームに読書にいったり。

ていうか、ヒマなんです(汗)。

ベッドを下げると寝やすくなった


眠剤を飲んで眠っていますが、
やっぱり寝心地が悪くて。

いっそのこと畳を持ってきて
もらおうかと思うほどでした。

ですが、看護師さんに、
「ベッドって下に下げられる
んですよ~」
と言われまして。

私は38年間家ではずっと
お布団で寝ていたので、
ベッドで寝るのには慣れて
いませんでした。

ベッドを下げることで、
お布団で眠るのと似た感じ
にはなります。

ベッドを下げて寝てみると、
眠りやすくなりました。

抜鈎で傷口のホッチキスを取る


抜鈎=ばっこうです。

手術で開腹した部分(創=そう)は、
ホッチキスで止められていました。

ホッチキスといってももちろん、
手術用のホッチキスです。

産婦人科の先生と看護師さん、
うちの病棟の看護師部長さんの
3人でホッチキスを取ってくれました。

どうやって取るんだろうと
じーっと見ていました。

ホチを取るときはピリッと
痛むくらいでした。
ひどい痛みではなかったです。

スムーズにホチがすべて取れたあと、
3ヶ月はテープを貼っておくように
言われました。

実際にテープを貼ってくださって、
自分でのテープの貼り方も教えて
くださいました。

ふむふむ。

そして、抜鈎したので、
シャワーの許可が出ました!

ですが、1人でシャワーを
浴びるのは怖かったので、
翌日に浴びることにしました。

レントゲンの結果おかゆ許可


イレウスの際の、
腹部レントゲンは2通りです。



立って撮影と、寝そべって撮影です。
(立ったままだけの場合もあります)

画像から腸が動いているかどうかを
見るんですね。

もう何度レントゲンを撮影
したことか(汗)。

尿・便の調子とレントゲンの画像から
総合判断をして、次の日から、
おかゆの許可が出ました。

スケジュールとしては、
3分粥→5分粥→全粥→普通食です。

腸の動きに異変がなければ、
粥のつぶが固くなっていって、
普通食になればほぼ退院決定です。

いやはや、イレウスになるもん
じゃないわとつくづく思います。


Sponsored Link