Sponsored Link

ども、てつです。

テストステロンを投与していた病院で、
下腹部の異変を先生に告げたところ、
エコー検査をしました。

へその下にローションをぬって、
お腹の上をぐりんぐりんするアレです。

妊婦さんがお腹の赤ちゃんの様子を
見るときにする検査ですね。


先生はエコーで映し出された映像を
見ながら、

先生:

卵巣の腫瘍が大きくなってるね~。

10cmくらい?

手術で取りましょうね~。

とあっけらかんと言いました。

やっぱり卵巣腫瘍で、
手術で取ってしまわないといけないのか
とため息がもれました。


また、腫瘍ができていたら、
良性・境界悪性・悪性(がん)の
どれであろうと、卵巣も子宮も
全摘出してもらおうと考えていました。

一応男として社会生活を送る身としては、
卵巣も子宮も不要な臓器なので、
いずれ手術で取るつもりだったからです。

今回のように婦人科系がんのリスクも
ありましたし。

自費ではなく、保険適用で取れるのは、
がん当事者さんには申し訳ないですが、
ラッキーだと思っていました。

その後の抗がん剤治療がしんどいとは、
当時は思いもしませんでしたが。


ショックとラッキーと入り混じった
不思議な気分のまま、検査をしました。

血液検査とMRI検査です。

MRI検査については次の記事で。


Sponsored Link