Sponsored Link

今回は、病院から指定された、
入院時の持ち物について、
お話します。



「婦人科手術を受けられる患者様へ」
「入院のご案内」の2冊の冊子に、
必須の持ち物が書かれています。

貴重品


・保険証

・限度額適用認定証

・印鑑(認印)

・診察券

・財布(お金)


これらは、個室にあるセーフティ
ボックス(簡易金庫)に入れて
おきました。

お金は、テレビを見るための、
プリペイドカードを買うときに
必要です。

お薬


・14日以上分の常用薬

・お薬手帳

・薬の説明書

・薬の袋


他の病院からもらっている薬を
14日分持っていく必要があります。

薬は、病院に預かってもらい、
食事のときに薬を持ってきて
くれます。

入院が2週間以上になるかも
しれないので、多めに持っていくと
なおよしです。

私の場合は、結局16日入院したので、
多めに持っていってよかったです。

着るもの


・パジャマ2着

・下着(上下5日分)

・腹帯2枚(売店)

・直後パッド1セット

・ナプキン数個

・はきもの


パジャマに関しては、
入院当日と退院前日と当日に
持ってきた2着を着てました。

入院中は、病院からレンタルした
寝巻きをずっと着ていました。

下着は、相方に持って帰って
洗濯して持ってきてもらいました。

腹帯は売店に売ってます。



直後パッドは、夜用ナプキンです。
それと、普通の昼用ナプキンですね。

それぞれ1袋持っていきました。

はきものに関しては、
100均で買ったスリッパを
持っていきました。

ですが、転びやすいと感じたので、
売店で売ってるしっかりとした
転倒防止用のスリッパか、
クロックスで代用するといいです。

今度入院することがあれば、
はきものは注意です。

洗面用具


・箱ティッシュ

・バスタオル2枚

・フェイスタオル数枚

・歯ブラシ

・小型洗面器

・ボディシャンプー

・シャンプーとリンス

・歯ブラシと歯磨き粉

・ひげ剃り用のムースとカミソリ


ボディシャンプーと、
髪を洗うシャンプーとリンスは、
ドラッグストアにミニサイズが
売られています。

ひげ剃りに関しては、
テストステロンを投与してる身
だからです(^^;。

食べ物関係


・ペットボトル

・曲がるストロー

・割り箸とスプーン(使い捨て)

・カップ(使い捨て)

・保温できるマグカップ


マグカップ以外は、
100均でそろえることができます。

曲がるストローは、
ペットボトルにつけて、
飲むようにできるものです。

保温できるマグカップは、
夏場に入院したので、重宝しました。


病院から指定されたものに加えて、
あったら便利なものを持って
いきました。

自己判断で持っていったものは、
次の記事でお話しています。


Sponsored Link