Sponsored Link

いよいよ手術当日です。

手術は16時頃から始めるので、
朝6時まで、水お茶がOKでした。

早起きして、最後の水を
飲みほしました。

初浣腸でするるっと


うわさの初浣腸を午前中にしました。

といっても、看護師さんが
おしりに何かお薬をちゅるっと
入れたくらいでした。

もっと大げさにやるのかと
思ってました(汗)。

寝る前に下剤を飲んでいたので、
するるっと便が出ました。

便の出し残しがないように、
全部出しきるように言われました。

午前中に、手術のために、
相方がかけつけてくれました。

そして、
全身麻酔をかかりやすくするために、
ロヒプノールという点滴をします。

手術時間までソワソワ


手術というとたいてい午前中に
行われるものらしいのです。

ですが、私の手術は緊急なので、
無理くり夕方に手術を予定して
くれたそうです。

早く手術してしまいたいのが
本音でしたが、仕方ありません。

テレビをつけているものの、
ソワソワそわそわしていました。

まだ呼ばれないかな~
まだかなまだかな~

とそわそわ。

手術室のベッド台へ


16時頃に呼ばれまして、
準備してあった手術着に着替えて、
手術室まで歩いていきます。

ベッドで運ばれるのは、
ドラマや再現VTRの中の話で(汗)。

手術室では、
手術担当の看護師さんを
紹介されまして。

私の不安を和らげるべく、
丁寧に説明してくれました。

現在私を診てくださってる
F先生が笑顔で迎えてくれて
いたのを覚えています。

そして、手術のベッド台へ。

手術台
(イメージです)

意外と狭くて驚きました。

BGMはクラシックをリクエスト
していたので、USENから
穏やかな曲が流れていました。

麻酔科の先生が心電図を
手際よくつけているところ
までは覚えていたのですが。

いつの間にか意識がなくなりました。


そして、目が覚めたら病室の
ベッドの上でした。

外は真っ暗。

手術が終わったのは、
夜20時(?)くらいだったそうです。

うちの病院では、手術が終わると、
部屋のベッドに移されて、
そのまま部屋に運ばれます。

次の記事へと続きます。


Sponsored Link