Sponsored Link

輸液点滴のおかげでなんとか眠れて、
術後3日目の朝をむかえます。

朝食は、果物を少しかじり、
パンを少しかじり、飲み物を
少し飲みました。


そして、看護師さんの回診のとき、
重大な事実に気づきます。

「てつさん、腹腔ドレーン
取れてへん?」

「えっ?!あっ、ほんまや。。
寝返り打ちすぎてドレーンが
外れちゃったんですかねえ。。」

「腹腔ドレーンは先生の指示が
あるまで、つけてなきゃいけない
んですけど・・・先生にきいて
みますね。」

「すみません(><)」


腹腔ドレーンは、先生のOKが出るまで
つけていないといけないのですが、
寝返りをうったときに、ポスンと
外れてしまったようです。。

先生にきいて看護師さんが
戻ってくると、処置として、
ドレーンが入ってた部分に、
分厚いガーゼをあてました。

そして腹帯をぐるぐるまいて。


正直、腹腔ドレーンは慣れなくて、
トイレにいくとき、けっこうじゃま
でした(汗)。

といいますか、
トイレにいくときは、まだ、
看護師さんにヘルプを頼んでました。

尿漏れ防止の紙おむつもあてたまま。

歩くと傷口あたりがピリピリ痛み、
部屋から外の廊下に出れません
でした。

歩く練習をしなきゃいけないのに、
全然歩けなくて困りました。


この日はしんどかった思い出しか
ありませんが、次の日に事件が
起こります。

夜はまた輸液点滴で眠りました。


Sponsored Link