Sponsored Link

入院10日目=術後9日目。

イレウスにかからなければ、
おそらくこの日に退院だったのに、
くっそーと思いつつ、
個室の窓から外を眺めていました。



腸を動いてもらうように、
そして早く退院したいので、
病棟内をうろうろ歩き回りました。

点滴はビーフリードと3Aです。

重湯は飲んでいいけど、
まだまだ栄養が必要ですから。

重湯のメニュー




重湯の朝食。



重湯の昼食。
アイス(じゅるっ)。



重湯の夕食。
ピンクのカップに入ってるのは、
葛湯(くずゆ)です。多分。

夕食で早食いして失敗


重湯を飲めるのがうれしくて、
つい早食いをしてしまい、
夕食後に気持ち悪くなりました。

看護師さんに
「気持ち悪いです(泣)」と
コールすると、すっ飛んできました。

吐き気止めの点滴を入れて
もらうことに。。すみません。。



看護師さんからのアドバイスで、
「消化そのものにエネルギーを
使うから、少しずつゆっくりと
食べんとあかんよ~」と。

そっか、消化ってエネルギーを
使うんだよね・・・と再認識。

食事後に眠くなるのは、
体内器官が消化にエネルギーを
使ってるからなんですよね。

夕食後反省しまして、
スマホでイレウスについて
調べまくり、おおよそのことは
つかめました。

はぁ~。

高校生の男の子と話すようになる


私よりちょっと遅れて手術、
入院をしている高校生の男子が
病棟にいました。

顔が若いので、たぶん高1。

盲腸か何かで開腹手術をして、
彼もとにかく歩いてました(笑)。

ちゃらい感じではなく、普通で、
会釈をしてくれたので、
私も挨拶するようになりました。

そのうち、
会話するようになりました。

入院生活がほんの少しですが、
楽しみを感じるようになりました。

患者さんで話せる人って、
病棟にはぜんぜんいなかったので、
寂しかったのです。


イレウスにかかるもんじゃないわと
ため息をつきまくり、入院10日目が
過ぎてゆきます。


Sponsored Link